「和をもって尊しとなす」を尊重したいね 古来依の文化を大切にしたい

昨今、憲法改正議論が盛んでありますが どうも、気に食わないのです。 日本の憲法を議論しようとすると必ず明治維新に帰結する方向に走るそして自衛権の話になる しかしそれは専守防衛論と自衛権の発動の範囲にかぎり国防論に終始してします折角、真の独立国…

Data_science

The business case for any loyalty program me needs to be well supported and justified,not only in the planning stages but on a continuing basis after implementation,and during development. The application of solid math,statistics,and measu…

甘いかもしれんが―がんばれ論―壱

人生半生記近く生きてきても尚、難しく、時には憚れる言葉がある。 苦しんでいる人に「頑張れ」自分にたいして「頑張れ」なんかつらいんですよ 人に声をかけるのも、自分で「頑張る」と誓う事も語源的に有力な説の我を張るの動ラ五であるとして。そんなに己…

「この国の思いやりは、世界遺産」

[「この国の思いやりは、世界遺産」:title=http://www.ad-c.or.jp/campaign/self_area/03/index.html ]ピーター・バラカン氏に言われるの癪なのですが とても共感できます。 しかし、どうでしょう どうしてこの思いやりが社会から排除され薄れてしまったので…

言いたいことは最後なんだけど 長文になちゃった!

高度経済成長時代と80年代後半のバブルを経験し自由を謳歌していたような気をおこしていた世代 実は私もそうなんですよ。今 世の中のオピニオンリーダーや政治家 を問わずそれなりの地位を占めている世代 私たちが自覚をしなければならないのはあの敗戦から…

わからないから無用 = 役にたたないから無用

こんな社会いつまで続くおかしいと思った事がいえない世界、常識とされている慣習を検証をしない世界 そして、理解できない事は無視する世界 こんな事が日常的に存在し、人類の文明において 思考を停止させ、健全な発展を阻害してきたのであるガリレオは地動…

要石

竹島問題はとてもシビアの問題です 単なる 花いちもんめではないですし、歴史的所有権の問題でもないもし、我が国の仮想敵国と戦争状態になった場合 日本海はいったいどうなるかを考える必要があるのではないでしょうか?日米安全保障条約、 米韓相互防衛条…

正直 あまり好きではないが日本経済新聞で掲載している池上彰氏の必修教養講座

中国の世界地図が北方領土に塗った色 現代世界の歩き方(会員限定) は必見であるこれは北方領土についての地図から見る考察の事実を提示している、ここは さすがジャーナリストと評価したいところです。池上氏の記述について私的な見解を備忘しておきます。…

本日の稽古は木漏れ日あびる中の蒸し暑い稽古であった

いや蚊の大群が最大の的でした 袴の下の太腿何箇所もさされて痒いです さて稽古前の日課、境内の掃除 これが一番好きです。 境内を掃除していると思わぬ事を教えてくれます今日感じた事、 七十二候では竹笋生 陽気盛万物稍満足すという時候では 新緑の力を感…

日本も含めてギリシャやフランスを見ていると 民主主義は見直したくなる それはおかしな考えでしょうか? 誰もが嫌な事ができなくなるそして 約束も守れなく これが信用不安というのではないのでしょうか? 成熟した民主主義国家にとって難しい問題なのでは…

【スコア】 作曲家によって設計され 指揮者によって解釈され 演奏者によってその藝術を再現するために最も重要な設計図音楽というものは演奏者と聴く人たちの空間に作曲者の精神、意図を音楽という空間構造を留める事のできない時間軸の中で一回限りに二度と…

前回の失敗を受けて 体制と運用を金かけて政治的な苦労をして構築したのでしょ! 結局飾りにしかすぎない抗議をするべき所は 米軍にではないのだろうか? 航空総隊司令部 アメリカ軍との防空・ミサイル防衛の情報共有・連携強化を目的として、平成24年3月…

この間 地元の市ヶ谷亀岡八幡宮様から 境内に凛となっていた、夏みかんを分けて頂きました、それを、ネット上でシェアしたら 、「4月なのに 夏か。。。」というツッコミが入り 45歳になって始めて夏みかんの収穫時期を調べて知ることになりました。 夏み…

夏みかんに教えられた人間のエゴ

今この日本で“ワンピース”的思想が拡大するならば

先月2月9日に放映された、クローズアップ現代 漫画“ワンピース” メガヒットの秘密をみて私は恐ろさを感じました。 2011年3月11日の大震災と復興の中から 「ワンピース」のいう所の仲間と絆という拠り所が現に溢れているというのなら、恐怖を覚えます。端的に…

 若干破綻気味

ジュリオ・カッチーニ 1545年頃 - 1618年12月10日 室町幕府将軍は足利義晴、足利義輝。 クラウディオ・ジョヴァンニ・アントニオ・モンテヴェルディ 1567年5月15日洗礼 - 1643年11月29) 室町幕府将軍は足利義輝から 江戸幕府家光ふーん面白い 一休や卜伝の…

丸谷才一さん に今叫んでもらいたい!!

私の持論に多大な影響を与えた人 [文化勲章:「これまで通り励む」 丸谷さんらに授与:title=文化勲章:「これまで通り励む」 丸谷さんらに授与]20歳を過ぎた頃だったのだろうかこの人の 日本語のために (1974年)作者: 丸谷才一出版社/メーカー: 新潮社発売日…

曽野綾子さん三浦朱門さん事件にみる問題解決の放棄について

あまりにも有名な話ですが、作家の曽野綾子さんが 「二次方程式を解かなくても生きてこられた」「二次方程式などは社会へ出て何の役にも立たないので、このようなものは追放すべきだ」この翌年 教育課程審議会会長の旦那様の三浦朱門さんが教育課程審議会で…

スタンダードをショートカットしてきた今を反省すべき

先日 長文日記を書くと断言したのだが あまりにも長大でまとまりがつかなかったので 挫折しました。 しかし やはり 公言しておきたいことがあるので 短めに主張しておきます。温故知新 無無明 亦無無明と無知の知の狭間をどうコントロールしたらようのだろう…

御礼

神様サミットが開かれる神無月の初日の1日 YYアンサンブル和楽コンサート無事終える事ができました。まずはお手伝い頂いた。皆さんありがとう御座います。そして、お時間を割いて私どものコンサートに足を運んでくださった お客様、ありがとう御座います相変…

 今なにを優先しなければならないのか それは練習

三昧とは 精神集中が深まりきった言葉を指します。 禅やヒンドゥー教における瞑想 の境地に至ること。 つまりランニングハイの状態 もっと言えば無我夢中に達するということです。 つまり修行 Wikipediaの記述によると この三昧に至る過程には、空無辺処・識…

私の大好きな劇画 「首斬り朝」 小池一夫と小島剛夕の話に「職人」という 素晴らしい話があります。 首を斬られる大工の棟梁の話で「職人」の真髄を描いているのですが 今回は話のあらすじではなく 小島剛夕先生の人物描写について大工の棟梁が宙で鉋をひく…

入院中 本を読もうと 普段読むわけもないものを読んでみようと 左翼系の戦争教育論と ルターの宗教改革についての 新書を読みあさった それなりに矛盾を感じる事はあった特に明治からの日露戦争から 第二次世界大戦までの思想操作 と教育は左翼の彼らの言う…

ピアノ演奏

昨日 四谷三丁目のメビウスさんで ピアノを演奏させて頂きました。最近ようやく ピアノ一本で音楽をする機会が増え 少し楽しくなってきました。 もちろんアンサンブルも楽しいです。しかし ピアノを演奏するものにとっての楽しみは 演奏する場所のピアノと出…

文月の詠

今月はあまり心思う余裕がなかったのか 5首のみ桃かじり 葡萄つまみて うたた寝に甘き下露 のどをうるおさん(たまには藝術をみながらエロい事考えたいのです) かみさりし わがみのかざり おもしろからず さりて、わがみ いとおしむなり 江戸の古坂のぼりて…

中国高速鉄道事故の日本の報道の仕方を見ていると

「ほら見てごらん 、日本を見習えば ざまー見さらせ」という気概を全面に出している。昨日 北野たけしがワイドショーでいっていたが。 米露の宇宙開発の影の話を漏らしてた今でこそ一番と威張ってるが、どれだけの犠牲の上に技術が成立しているのか というこ…

わがおもひ 星に見えぬ 都の夜光の 人こそ知らね 乾く間もなし 夏至の日に ベガ デネブ アルタイルをさまよわん *1嗚呼 妖怪的四弦になりたけれ 胸に首を預けし頬の温もり あなうれし *2すべからず 行く末みんとするとき 我が子らを思へば 歩くほかになし *3…

女性の真正

以前 女の心の深さを知りたければ 女面―円地文子―を読めといわれようやく本日読んだ その人が何を云わんとしていたのかわかりました。女性をこれ程表現している 一節はないと思いました。 表が静かに見える山の湖の底に水が強い力で滝のあるほうへ動いている…

 神は生きている人の心の中にのみ

「壊れたコンピューターにとって天国も死後の世界もない。それらは闇を恐れる人のおとぎ話だ」ニーチェに匹敵する言葉だな 宗教界は否定ばかりしないで 生きているときの内心の自由と信仰の自由を考えるべきだ 。そして残された者に対しての内心の自由と信仰…

音楽に挑むことシリーズ

「芸大通信」という情報誌(無料)があります 22号の新連載企画で研究室探訪 粕谷美智子教授 音楽学部 ピアノレッスン室を読んで 練習するものにとってとってもビビットなエッセンスを見つけました 粕谷美智子教授 日本のピアニストの最高の育成者 この先生…