義務教育費国庫負担金

8500億円が削減の削減には賛成だが 教育費は富国の為の投資
として 文部科学文化の予算は枠を拡大しても良いという持論をもっています。
 文部科学 防衛予算の枠をとっても 長期的な計画であれば
国家の歳出を削減する事 財政の健全化を図る事は可能であると計算しています。 
 教育の質は高めてもらいたい是非、また無駄な教員も削減してもらいたい。 その上で国家の投資として教育費を考えてもらいたい。
、「 十八年度までに四兆円を廃止・縮減する 」―などを盛り込んだ「骨太方針第三弾」リンク先の資料38ページの実施を急いでいるが いまいち中身が見えてこない 教員の削減基準をもっと明確にすべきだと思う。学校栄養職員、学校事務職員の削減は明確にはなっているが 教員までメスは入っていない。学級編成も都市部のK党が唱えている30人学級化は反対です。質の良い先生と 勉学にハングリーな子供の関係があればそれで十分
 教室を増やせばその分 担任と副担任が必要となる。
そして 概ね教員の質は低下し児童・生徒と学校の信頼関係は崩壊していくと、私は 思っています。
 懸命に教育に挑んでいる先生がいたらごめんなさい。
しかし、もしそういった先生なら職を失う事がありません。
削減して頂きたいのは。義務教育の過程で 偏った思想と個人の価値観を押し付ける教育を実施している先生。
 また、教員としての資質 子供を育てるという使命感を持っていない先生。
こういった先生は公立の義務教育から徹底的に排除していただきたい。

あ!!やってますね 日教組
国が教職員(教員・事務職員・栄養職員)給与の2分1を負担する「義務教育費国庫負担制度」がつくられました。
 この制度は、教育の機会均等と教育水準の維持向上に大きな役割を果たしています。
 ところがいま、政府の構造改革路線のなかで、「義務教育費国庫負担制度」の見直しが大きな焦点になっているのです 教育水準は低水準に落ち込んだんですよね。補助金もらって維持できなかったのにね 
 そんでもって  廃止されたらどうなるのコーナー で 国の37道県で現状の国庫負担額より財源が下回る見通しです  といっているが であるならば このグラフ不利でしょ。
受け取り超過分がこんなにあるよ 財源不足の幅はこんなに小さいよという グラフを掲載して 説得力あるのかな。
 政府は超過分ー財源不足の是正を考えたら 廃止すべき それが公平なんじゃないという案なのだから。

この人たち本当に教師の集団なんですか グラフの使い方もわかってないじゃん!! 説得したいんだったら それなりのグラフをつくればいいのに!!