読まない作家のドラマ

 東野圭吾という作家の本は書店に行くと平積みで並んでるが
今ひとつ読む気になれない。
 TBSで初めて白夜行というドラマをみた
 今日がクライマックス 
まーなかなか巧いドラマだと思う 因果応報の連鎖と復活純愛思想 



うーんやっぱり原作は読めないかもしれない。


別件
 やばいドストエフスキー
カラマーゾフの兄弟にはまってます 大審問の問題 これに真正面からぶつかっている。
 彼の遺作 凄い 凄過ぎる いろんな事が変わりそうだ
衝撃がおきすぎる。 怪物だかれは

 ロシアがバチカンと仲良くなれない理由がわかった。
思想というのはこういうものなのだ。

日本の右左思想がくだらないと思った。 いや小さすぎる
 
 60年70年のインテリがドストエフスキーに傾倒する気持ちがわかったよ。 だけど表面だけ読んでこの作品を論じると
 社会党のようになるんだなきっと でもレベルが違いすぎる。 思想なんてどうでもいいんだ。
 神の思考への挑戦 神の沈黙への挑戦なのだから