こういう男はいないのか!!

厚紙製の靴は破れ、赤だらけのシャツに穴があき、頭はそられ、肌は灰色がかっていたものの、彼の歩き方は貴公子のようだ。
 豹のように引き締まった腰と肩。
怒りに燃える瞳は純粋そのもので、鋼鉄すら溶かしてしまいそうだ彼は25歳で一分の隙もなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 私のところに
本を読めといわれたから読みました。
 勉強しろと言われてよみました。
だから仕事紹介してください。
・・・・・・・・・・・・・・・

まずは生きる力をつけて 生きる手段をみにつける事だ

そして身に着けた手段を武器として道具として生き抜ける

それが仕事というものだ。

若者同様、ゆるい大組織も同じ事が言える

資産とそのリソースを最大限に活用して戦わなければ
勝てないよ。
!!

ハングリー精神が必用だ 今の社会!!

いやなにね ブックオフでスカーフェイスのノベライズを買って 活字の中のトニーモンタナを楽しみ始めたわけです。