とっても大切

おそらくこの問題を知らない国民が多い事だろう。
生活に密着し 国民としての利益 

民主主義 三権分立に大きな影響を与えている 準司法手続き

法的根拠を有しない審理 審判が 国民に強制されている現状

しかも 記事にも書いてある通り、「裁判官に相当する「判断者(役人で法的知識を有しない物が)」が、所管省庁の人事異動の対象となっているため、国民から見て中立・公平性が十分確保されていない」のが現状

この記事以外にも大きな影響を与えているのが、公害等調整委員会の裁定や なんといっても交通違反の反則切符の発行などは 実は取り締まり現場の警察官が裁判権を有している状況
だったりしています。 しかも現場のノルマ(実質的な法益)という警察業務の利益のために取り締まりが横行しています特にこの時期w
 裁く側に圧倒的な証拠の優位性があるから その証拠の妥当性を追及するのが難しいじょうきょうであるし。
そもそも が適用違憲の対象だったりしてる。準司法手続き

 税務所の滞納 取立て執行も現場のさじ加減1つ公平性があるとはいえない。

しかも 多くの人が問題点としてあげているが
税務署職員の税理士 天下りの問題 有力な天下り税理士が顧問になっている企業は摘発される事がありません。

ここには地検も手が出せない実態がある。

こういう問題を解決していく時期がようやく訪れた。
是非、透明性の高い議論をしてもらいたい。
■準司法手続き、抜本改革を…自民調査会が提言(読売新聞 - 12月16日 12:21)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=132347&media_id=20