なんかやられた

犀星の詩集を全部堪能した

そして、最後に2編の詩
「誰かをさがすために」「好きならしかたがない」
のコンボにやられました。
恋愛好きな親父にはたまらん。

完全においらの気持ちの代弁。。