かなりMです

四十の手習いというべきか?

いろいろ限界を感じで、自己流化してしまった。ピアノを正しい姿に戻そうと、さらに、きちんとした、奏法、表現手法を学ぼうと思い。
 
 ピアノの先生を探す事にした、ようやく知人の紹介で、良い先生を紹介してもらいました。

 今日は11時より面談とスキル チェック

 練習室に通され、いきなし ピアノに前に座らされ、何をしたいと言われたので 正しい奏法と表現手法を身につけたいと答えた

 とりあえず何か弾いて頂戴といわれたので、ショパンの幻想即興曲の前半を弾き こんなに酷い状態だと、ありのままのへたくそさを披露した。

 「ふーん楽譜はよめるようね。」汗・・・・
 「昔はちゃんと弾けたみたいだね、手の動きをみていると」汗・・・


 「グレード落としてツェルニー30番あたりから やらないとだめだね。」

・・・・・・・・・・・・・・・・


そんでもっていろいろ他の曲も弾けといわれるので ベートーベンのソナタとかやってみる 

・・・・・・・・・・・・

「まー仕方がないね。みんな忘れちゃうものだから」

「腰の回転ができていない。手首もだめ。体の重心移動もできていない!!」

「これじゃ、バッハのインビテイションもまともに弾けないねw」


すげー こういうアドバイスを求めてたのよね。

なんか、怒られているというか皮肉をいわれているのだけど

なんだか嬉しいわけで、

とにかく

先生は来週から来てください、2月はコンサートで忙しいからそんなにレッスンできないようなので、来週からの方が良いといわれた、

 最初の曲は私が考えて用意します。バッハ アンナ・マグダレーナ
あたりからやるか・・・
 メヌエットだってきちんとやればむずかしいんだからね!

ごもっともです・・・・・

というわけで、バッハあたりからせめて行くらしい、バロックを教えたいらしいなんとなくそんな気がする。


でもなんかこう、厳しく指摘されると、なんか気持ちいというか

嬉しいというか、やっぱり本性Mなんだよな。。。

俺ってwww

そんなわけで、より一層 ピアノの練習を励む事にしました。



ところで 家の鍵が見当たらなくて
現在ネットカフェで鍵屋を呼ぶか 大家さんの所にいくか悩み中です

 しくじった。。。


 それから 更新パスポートの写真 きたねー顔です。
写真