読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

与党も野党もいい加減にしてくれ

今日の日経を読んだ方は目に付いたと思うが
 日経の論調に同意する
日本の中央銀行の総裁人事なぜ、政治が関与するのだ

 そもそも日銀は大蔵省時代がら財政と金融の分離論という必要不可欠な議論をしてきているのではないか?

そして政治と分離をする事が望ましいと思う人は多いと思う。

政府与党の人事案も極めて怠惰な人事、今世界の金融が不安定な時に何をもたついているのだ、アジアの金融と景気の下支えができる人間を欲しなければ行けないこのときに、何をやっている

民主党の主張も意味不明である。

予算編成権をもつ財政当局に左右され兼ねないから、この人じゃだめだ

というのも 思いっきり政治の関与ではないか?

では誰が決めるのかそんなプロセスもきまっていないし。

日銀総裁の不在 空白に対する緊急避難制度も確立されていない。

中央銀行の信用失墜は日本の金融行政の信用失墜である。

何をいったいこの10年議論してきたのだろう

情けない。 政治も経済も金融も司法も三流

全くどうなちまったのかね、この国は
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=425456&media_id=2