読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ステップアップ

なんとか スタッカートも身体に染み付いてきたようだ。

しかし、腕の使い方の円運動でこうも表現が変わるのか

指の負担がこんなにも変わってくるくのか、力の調整、特に十六音符が無理なく軽やかな表現ができるようになってきた。

これだけでも、譜読みに幅が出てき、確実な表現方法をイメージできるわけで、楽しくなってきました。


バッハのメヌエットト長調 あまりにも有名な曲だからどうやって、自分のメヌエットを作り上げるか、

悩みはじめる、右手と左手のフレージングを研究しなければ、

「右手だけの練習、左手だけの練習をしっかりして、それぞれの旋律 フレーズを研究しようそれぞれのメロディーを大切に」といわれた。

 そうそう、そういう事を学びたくて練習してきたわけで、

いいレッスンになってきました・