読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

角松は冥土の旅の一里塚めでたくもあり、めでたくもなし

と、我が障害の師一休はそう歌った

生きるのは大変です、道を歩くのも大変です

でも、どんな形にせよ、喜んでもらいたい事もある

仕事では強気でいても、内心はホットしているし

誰かに喜んでもらいたいこともある

でもひとりなんですよ

だれも傍にいない

どうして、なんだろうか

なぜだれも喜んでくれる人がいないのだろうか、

なぜ「お疲れさま」「良かったね」と言葉を交わす相手がいないのだろうか。

心の休み処がない

わからんだろうな俺の周りの人や支えてくれる人には

だって、己が強がっているんだもの

本当の私を支えてくれる人が欲しい。