読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実感 真のボランティアとは

四川のせき止め湖の爆破問題

もうメチャクチャです

地勢学的に、土木学的に、物理的に、国家が無知です。

あれだけの水量、あの特殊な地形に大量のダイナマイトで処理をしようとしている

爆破におけるサージやジェット堆積物、ランダム発生、爆発の指向性がコントロールができないダイナマイトで爆破したら とんでもないことになる

二次災害が3次災害になる

日本の土木学を学んでいる学生だったらそれはわかるはず

10万人以上の生命財産を守るためには、心意気だけではだめなんだ。

きちんとした、知識と計算が必要なんだ。

緻密な爆薬の配置設計が絶対必用

このままでは下流の人民の命はまもれない

日本は協力できないのか、日本の技術がもっとも必要なのではないのか

火山の爆破研究では世界最先端の研究をしている

せめて、アメリカにビル爆破解体業者のノウハウは必要だ、

最小限の被害と最大の効果、これが求められる

ディサイト現象や泥流と水流のパワーは考えたのだろうか

水質は 地形はあらだけ蛇行しているのだから水流の加速度は

音速を超えるかもしれない。

これをあの巨大な地形でやるのだから、世界の叡智をあつめなければ

最悪の事態になる

こういうときに、学問がやくに立つ唯一、実生活で役に立つシチュエーションだ

有珠山のゴルゴ教授(岡田)はもう動かないのか!?