読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんかテレビのCMを見ていて「告知せず」というタイトルのドラマやるんだけど

いまどき告知しないで治療できるのかな

本当に治療しようとおもったら、適切な治療計画の説明を受けるし、先生と綿密な話し合いをしますよ。
例えば、今やっている治療の薬の説明写真のとおり、どぎついタイトルの書類もらいましたよ。


でも説明受けて、文章を読むと、これまでの治療の成果やリスクや通院で可能な療法であるとか、きちんと説明してくれているので、病院に治療委ねようと考えるようになるのですが。

身体の変調や痛みがあった場合もすぐに相談できるし

わけわからなくちゃ検討も付かない

検査結果の数値で、改善しているかしていないのかわかるし、いろいろ励みになる、まー一喜一憂ですが

いまどき、告知しないで、ごまかすって事できるのだろうか?

身寄りがいると、そういう事になるのかな、

家族が介在すると、告知拒否されるっていうけど

それは治療放棄に近いのではないでしょうか?

病院との患者の信頼関係で自分の病気の情報を適切に教えてもらわないと

本当にこまる。

私も、最悪の状態を脱するために治療しているのだから

急性の白血病や状況説明できない状況は別だけど

やはり告知はすべき

なんでこの検査をするの
なんでこの薬なの
なんでこんな治療なの

なんで手術するの

しらまくちゃただ、不安なだけじゃないか

命は自分のものだし、人のために役に立つ大切なもの

寿命がせまっていると思うから頑張れる事もあるんじゃないの

医療費だて、補助金や助成金だってもらえるわけですよ、

なにも知らないという事はいけないと思う

限りある命だから素晴らしいので、その命や身体の限界をしらなくちゃなにもできない

仕事や自分の好きな事や何かを遺したいのなら、やれる事は頑張ってやる

これが人生なんじゃないのかな

おれはそう思う

どっち道、わかるよ、死にそうな病気だったら、本人や他人も

仕事場には一部ばれるし、母にもばれた。

私の家族には、ここ経由でなんとなくおかしいというのはばれたしw

まーいずれにしても、病気を人に知らしめたところで、

そんなお涙頂戴にはならないわけですよ

他の人は具合悪そうだなぐらいにしかおもわないしw

本人も、若干、鬱にはなるけど、忘れるときもあるし、それなりに頑張ろうと思うし

そういうことなんだろうなと思う

ちがうのかな

告知せず、なぜ感動のドラマなんだろう

私には、無責任の言葉しかうかばない。