昨日、三遊亭 好楽の「抜け雀」NHKで見ました

面白かった。 やっぱり楽太郎より好楽だな。


そうだ、谷川潤一郎の「春琴抄」を読んだ。

読みにくいよ、どこがゼリフなのかト書きなのか、回想なのかわからない

この文体が妙な存在感をまし、フィクションではなく実際に弟子の檢校(佐助)が書いた福音書のようなものなのだろう

しかしなんだな、この思想 書かれた時期が昭和8年 日本人の偏向した忠誠心を加速させたのではないかも。


佐助という男の悲哀、いや従者としての生き様なのであるが

目を自ら奪う様子は余りにもリアルすぎる、解剖学的に

CSI的な描写が書かれている。

うげーという感じです。

いずれにしても凄まじい師弟関係である。