本来、人間にはマスメディアはいらないし、そんなもの存在しえるわけもない

人は人の縁で学習して、価値観や生き方を見出していく

人が人を見る目を養う為には、自分が努力して何かを成し遂げて、自分が説得力をもてたとき、自分の使命と師と仰ぎ見る誰かにめぐり合い、
其れを助ける、友や様々な縁が生まれる、

問題は自分が作り出した社会がどういう状態かが問題なのではないだろうか?

国が作り出した社会、マスコミやメディアが映す社会を観ていても、

決して、自分を見出だす事はできない。

自分の縁に最大限の善を尽くして行くことが、自分の社会が健全に成立するのではないのだろうか。

と、今そう思う。

友人、仕事の同僚たち、出会ってきた縁との関わり

血縁など様々な係わり合いがあるわけです。

マスコミやメディアが写す社会を見て、そこに何かを求めてもそれは虚である

虚虚実々をしっかり見据える事が必用なのでは