読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シェイクスピの世界にはならないよ

シェイクスピアに出てくる登場人物はどんな人も思慮深い 

王も乞食も妖精も貴公子も金貸しも侍女も田舎の青年も王妃も みんな 考え抜かれた言葉を発し 応える物も機知に飛んだ 素晴らしく推敲された言葉を返す

そんな社会はない 現実は頭のいい人 教養のない人 唯の下衆な人 語彙のない人間 そんな話なんて成立しない 会話ばかりだ

 

だから反面教師として 本は読むべきだ。 すこしでもシェイクスピの世界のような会話ができる成立する自分の社会をつくるために。