今は昔淀みに浮かぶうたかたは 

 ジャングルブックで有名なラドヤード・キップリングの詩を訳しました。
先の第一次、第二世界大戦の時代に書かれたものです。
彼はノーベル文学賞をとっています。
今の世界で起きていること、威勢の良い政治家、そしてその言葉に煽動される多くの人々に
この詩を
Macdonough's Song マクドナーの歌  Joseph Rudyard Kipling,
"As easy as A B C"--A Diversity of Creatures" 創造主の多様性は ABCより簡単だ
 
Whether the State can loose and bind  国家はこの地球や天上を
   In Heaven as well as on Earth:  拘束できるのか?
If it be wiser to kill mankind    人間を殺すのにはどっちがいいんだ?
  Before or after the birth--    生まれる前か、そうれとも生まれた後か 
These are matters of high concern  国家の諮問機関の専門家にとっては
   Where State-kept schoolmen are;  それが重要な問題なんだよ
But Holy State (we have lived to learn)しかしね、(俺達は学んだのだ)
    Endeth in Holy War.        聖なる国家は聖なる戦争を始めるんだ
 
Whether The People be led by The Lord, 人々は主に導かれるべきか?
    Or lured by the loudest throat:  それとも、世論と多きな力に煽動されるのか?
If it be quicker to die by the sword  剣による早い絶命か?
  Or cheaper to die by vote--      それとも投票による安易な死か?
These are things we have dealt with once, 私達は対処してきた、この問題に
  (And they will not rise from their grave)(だけど、この問題は再び蘇ることはない)
For Holy People, however it runs,     だって聖なる人民はどのようにあがこうと
  Endeth in wholly Slave.         結局は完全な奴隷となるしかない。
 
Whatsoever, for any cause,         どのような大義があろうとも
    Seeketh to take or give         超法規的な力を得ようとも
Power above or beyond the Laws,       また、与えようとするものは
    Suffer it not to live!          生かしておいてはならぬのだ!
Holy State or Holy King--          聖なる国家であろうとも…
                       聖なる王であろうとも…
 
   Or Holy People's Will--          聖なる人々であろうとも…
Have no truck with the senseless thing.      無意味な事にかかわるな
   Order the guns and kill!          撃ち殺せと命じながら
        Saying --after--me:--        私に続けと 言いながら… 
 
Once there was The People--Terror gave it birth;  かつて人々がいた―
                         恐怖が誕生させた
Once there was The People and it made a Hell of Earth かつて人々がいた―
                         かつて人々がいた
                         地上の地獄を創りだした
Earth arose and crushed it. Listen, 0 ye slain!  大地が聳え、粉砕した
                         おー殺戮されたのだ 
 
Once there was The People--it shall never be again! かつて人々がいた―
                          二度と存在させてはならにのだ!
 
訳 坂入 譲