気になるニュース 氷山の一角だろ

生まれてから戸籍なく 逮捕きっかけに判明
鳩ケ谷の20歳男


”武南署が昨年十月、未成年者略取容疑などで逮捕した鳩ケ谷市、無職の男(20)が、逮捕されるまで戸籍がなく、義務教育も受けていなかったことが三十日、分かった。両親が「戸籍を取っても学校に行かせる金がない」と出生届を出さなかったという。男は逮捕後に戸籍を取得したが、法務省は「経済的な理由で親が出生届を出さず、戸籍に登録されない例は聞いたことがない」と話している。

 同署によると、男は昨年六月二十五日、鳩ケ谷市の路上で、当時四歳の女児をスーパーのトイレに連れ込み、脱がせた下着を盗んだなどとして、同年十月、未成年者略取や窃盗容疑などで逮捕された。男は現在公判中。

 男は取り調べの際、名前や住所などは答えたが、戸籍については知らなかったため、同署が母親や鳩ケ谷市に確認したところ、戸籍がないことが判明した。

 男は一九八六年に自宅で生まれた。小中学校には通わず、家族らが読み書きなどを教え、自分の名前などは漢字で書けるという。男には十二歳上の姉がおり、姉は戸籍を取得し学校に通っていた。母親は「学校に通っている娘に金が掛かったため、出生届を出さなかった」と話したという。

 鳩ケ谷市は昨年十月に母親から出生届を受け付け、さいたま地方法務局が出生届を受理し、男は二十歳で初めて戸籍を取得した。

 法務省によると、出生届は十四日以内に出さなければならず、正当な理由で届けがなかった場合は、市町村が申し立て裁判所が三万円以下の過料を科すケースもあるという。

 鳩ケ谷市は「関係部署において一体的にチームを設置し、事案の検証と対応を検討したい」とコメントしている。”
                            1/30 埼玉新聞ニュース


そして2/1
「戸籍ない娘の旅券発行を」と陳情
滋賀・DV被害の女性、出生届出せず
 母親が前夫との離婚成立前に別の男性との間にもうけたため出生届を出さず、戸籍がない滋賀県の高校1年の女子生徒(16)らが1日、外務省と法務省を訪れ、パスポート発券を求める陳情をした。女子生徒は6月に海外への修学旅行を控えており、「親子関係は明らか。運用で発行してほしい」と訴えた。母親らによると、法務省は「即答はできないが検討したい」、外務省は「パスポート発行には戸籍が必要」と答えたという。

 母親は前夫からドメスティックバイオレンス(DV)の被害を受け家を出た。離婚手続き中、別の男性との間に子どもが生まれ、離婚は92年に成立。前夫との親子関係を否定する手続きを取ると、現在の居住地が知られる恐れがあるため、戸籍を作れない状態が続いている。

 陳情後の記者会見で、母親は「戸籍がないという娘の状態をほっておくわけにはいかない」と話した。

 女子生徒も陳情に同行、外務省では「修学旅行で思い出を作りたい。どうかパスポートを発行してください」という書面を読み上げた。女子生徒は1月4日、滋賀県にパスポートを申請したが、県は「外務省と協議する」として書類の受理を保留した。



どういうことなのだろうか?

一番目は母親の短絡的思考 調べてみると、税金がかかる 国保が高い 教育費をはらわないといけない そんな理由で出生届けをださなかったらしい

2番目は記事にも書いてあるが、DVの問題


この前までは ユニセフが訴えている 人権のない子供達のような紛争当事国 や貧困国の問題だと考えていました。

しかし、この日本にもかなり多くの例がでてくる事態となっていしまいました。


かなり痛い話ですね。




ちなみに私は過労で倒れそうです。
 
 あまりにもひどいスケジュールとあまりにもひどい仕事の後処理でへとへとです。

そして
こちらの日記力をいれました
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=330313813&owner_id=218199