なんぞ

子供の絵をみて思う
心理学的にでなく、数学的に見てみる

直線をぐしゃぐしゃに描くが方向のパターンが揃っているもの、

曲線をぐるぐる好むもの、

直線を好む童子は、きっと良い建築家になるやも。

曲線を好む童子は、きっと良い科学者になるであろう。

お子様に問うてみられよ。

真っ直ぐな定規で曲線を書いて見てと。

きっと子供はいろいろな発見を教えてくれると思う。


 童子に向こうて音楽を奏でる。

弾けば良いというものではない、時を埋めれば良いものではない。

 聞いてもらいたいのではない、見て欲しいのです。

 サンタがそりを駆る姿、楽しく踊る大好きな者、そして、恐るるおばけ

や、星のやさしいかがやき、 おいしそうなケーキ、暖かい暖炉の明かりの中でのうきうきする様子を

 そんなイメージの中にいつか包めたらいんだけどな、

まだまだむずかしいな。。。。