ほのかな恋 いや違うんだってば俺は(無理なのは承知) 070322504

正直
注意: まだなんにもしていません。告白もなにも・・・

今、片思いをしています。
年は私の一回り下くらいでしょうか。

彼女はとても思慮深く話が合います。
読書もかなり共通な作品を読んでいる。絵画もレンブラントを敬愛している。
出身大学は本郷の国立学校 そして、そこの大学の研究員としてたらいていた
彼女の研究内容は、私の仕事に通じるもので、先日、仕事の資料を見せたら
正当に評価をしてもらった。

映画も同じような物を見ている

こんな俺を「面白い方」といってくれた。

出会ったその日に、なぜか、正直に去年離婚をしたことを伝えた、子供がいる事は伝えなかった。

そのときに彼氏の悩みを聞かされた。彼女曰く。彼氏は私ににて、こだわりと情熱があるらしい。
でも怒り出したら、とまらなくなる。

それでも好きらしい。

彼氏は外に新しい人がいるらしく、別れたいらしい、そんな彼女に「別にお前でなくても良いという」という
酷いと思う。

それでも好きらしい。

そして、先日、また彼女に会って、話を聞いた。
僕は隠し事がうまくできないので、三人の子供がいる事を話した。

彼女はやっぱり彼の話を始めた。
彼は僕と似ているいう。
僕はそうではないと思う。

女性に酷い事は言わない(仕事を除いて。。。)暴力は振るわない。振るった事もない。
彼女曰く
彼氏も×1で子供がいる。(親権はないらしい)
でも子供のために財産を残すし、彼女との子供はいらないといったらしい。。。
酷いと思う
子供は親のものではない。
親は子供が幸せに生きていけるように、自ら経験。学習したことを伝え、きちんと養育し、子供達が幸せに自分の人生を切り開いていけるために、愛情と責任の上に育ていくものである。

自分の仕事を継がせるため、財産を残すために子供を育てるわけではないし、ましてや自分の大切な人をないがしろしして、よいわけではない。

僕は、これから本当に残りの人生を幸せに暮らせる女性と出会い。その人を大切にしていきたい。
今日までの失敗を繰り返さないように

そして、何よりも、子供達に胸をはれる恋愛をしたい。
と思いつつもいろいろ悩み考えてノイローゼになりそうなのですが・・・

彼女に僕は言った。
「僕は一休が好きだから、最後まで支えあい、愛し続ける女性と出会いたい。でもそれは、自分も成長して
相手を幸せにできる自信がないとだめなんだと思うし、女性も、そういった男を見抜いて幸せになる事を考えなくてはならない。そして、二人の幸福感を共感し会える人が必要なのじゃないかな?」

「僕は絵本の百万回生きた猫が好きだ。だから、自分の人生をまるごと包んでくれる白い猫と出会いたい
そして、幸せにくらし、大切な人との人生を大切にしていきたい。
出会いという事は大変なことなんだと思う。だから人の事を真剣に考える事が大切なんだと思う」

結構熱く、思いを伝えたのですが、ある意味、くどき文句もいれたとおもうのですが。。。


彼女は
「そうですね」
とひと言
やっぱり彼氏がすきらしい。・・・・・




そんなわけで、失恋街道突入でしょうか・・・・・


恋愛ってつらいね
中年の