僕らの時代再放送をみた
紀里谷和明、江口ようすけ 大沢たかお
が 結局くだらない話であけくれていたのだが

最後のほうに 40代になって「終わりが見えてくる」という話題になった
紀里谷も大沢も、もうすでに終わりが見えているから、やることをやって
終わるしかないと言う焦燥感を抱いている

ある意味、狂気を求めていく

結婚している江口は、俺はまだまだ頑張れる、これからだといえる

其れに対して、 紀里谷と大沢は、ないものねだりでいいと思うが、
やっぱり、一人になると自分の事ばかり考えるようになっていくから
ストイックになっていく。

江口は じゃー結婚しようよ!!

という会話、

家族ってのは、男にとって大事なものなんだなと思う

チャプタータイトル
「41歳の春だから」になっていた。

死や終わりがみえてくろこの年齢、だから

きちんとした恋愛をして幸せになっていきたいなと思う

これまで生きてきた価値を見てくれて これからの私を支えてくれる
人と愛し合っていきたいなと思う。


孤独と家族、恋人がいる生き方は雲泥の差があるんだなと実感しました

実際、家族がいる人の幸せな日常をみていると、本当に辛くなったりします。

でも其れをひがんでいるわけではなくて、ただ焦って、不安定になっていくだけなのです。

幸せになりたい

幸せはなにか

存在を感じあえる空間があることだと思う。